スポンサーサイト

2015.07.13 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    『ムッソリーニとお茶を』

    2000.06.01 Thursday

    0

      映画『ムッソリーニとお茶を』を見ました。フランコ・ゼフィレッリ監督の最新作。

      1940年前後のイタリアで、戦争などを体験しながらも、どこかのんびりしている老婦人たちを描いています。

      イギリス婦人にジュディ・デンチ、マギー・スミス(『予期せぬ出来事』以来のファン)、ジョーン・プローライト(ローレンス・オリビエ夫人)。 アメリカ婦人にはリリー・トムソン、シェール。ジョーン・プローライトの丸っこい目が愛らしい!(オバアチャンだけどネ)。 シェールは、芸術と男を愛する元踊り子。かわいい女でナイスでした♪

       

      ムッソリーニとお茶を [DVD]

      新品価格
      ¥991から
      (2015/5/30 18:01時点)

      上海京劇

      2000.05.31 Wednesday

      0

        上海京劇院を観に、東京芸術劇場へ。ほぼ満席。
        演目は『鍾馗嫁妹(ショウキカメイ)』『三岔口(サンチャコウ)』『昭君出塞(ショウクンシュッサイ)』

        『鍾馗嫁妹』は、不運で自害した鍾馗が、恩人である青年と妹を結婚させたいと思い、人間界におりてくる話。火吹きにビックリ。お尻を振るのはなぜ? うう、勉強不足。
        『三岔口』は、怪しい宿の主と、暗闇で戦う話。パントマイムとアクロバットにかたずを飲んだ。主(あるじ)役の厳慶谷がうまい! 今回一番面白かった。
        『昭君出塞』異国へ嫁入りする娘の、後ろ髪をひかれる思いを描く。冠の2本の羽が、娘のやるせない気持ちを雄弁に語っていた。でも、その前に弟がかぶっていたのはなぜ?

        あー面白かった。また行こうっと。

         

        上海の京劇――メディアと改革

        新品価格
        ¥6,480から
        (2015/5/30 18:09時点)

        グライムソープ・コリアリー・RJB・バンド

        2000.05.30 Tuesday

        0

          グライムソープ・コリアリー・RJB・バンドを聴きにいきました。 これは映画『ブラス!』のモデルとなったブラスバンド。2度目の来日公演です。
          1人だけのチューバ奏者から、次第に人数が増えていく、楽しい幕明け。 超絶技巧をほこる各パートのソロ奏者たちや、ユーモアをまじえた演奏は、今回も変わらず。
          惜しむらくは、前回感動した「やわらかい音」が減り、いわゆるブラス特有のパーンという音が多くなっていたこと。
          でも『ドラゴンの年』(スパーク)、『アッピア街道の松』(レスピーギ)はさすがグライムソープ!の名演奏。
          お約束の『ダニー・ボーイ』『威風堂々』(エルガー)もうれしかったです。

           

          「ブラス!」オリジナル・サウンドトラック

          中古価格
          ¥299から
          (2015/5/30 17:58時点)

          初めまして

          2000.05.29 Monday

          0
            これを書いているのは2015年5月です。

            初めまして。空知かおりと申します。

            古いエッセイのデータが出てきたので、載せることにしました。
            これは、まだブログという言葉がなくて、携帯電話もiモードが出始めた頃。(ディスプレイが4行くらいしかなくて、モノクロだった時代です)
            もちろんパケット定額も通話定額もなかった頃。
            そんな時代に書きました。

            きっかけは、“魔法のiらんど”というサイトでした。今も巨大サイトとしてありますね。
            無料のHPが作れるというので、ガイドブック片手に、書き始めました。

            文字数に限りがあり、最初は250字くらいだったのかな? たしか昔は、携帯のメールの文字制限が250字だった気が。それに合わせて文字制限があったと思います。
            その後、400字くらまでに増えたみたいですね。途中から文章が長くなっています。

            時代を感じさせるものがあります。『MD』(2000/6/8)とか。オレンジカード(2000/12/20-22)とか。
            古いから削除しようかとも思いましたが、そういう時代もあったと記録するのもいいかなと思い、そのままにしておきます。

            なお、たまに本やDVDのリンクが貼ってありますが、参考画像としてわかりやすいかなと付けたまで。
            当時は文字だけだったので、読んでいた方々はイメージを思い浮かべるのが大変だったのではないかと。
            それで老婆心ながら、画像をつけております。ご了承ください。

            これを書く以前は、ワープロで書き(富士通の親指シフトキーでした)、
            ばかでかいプリンタで印刷してました(布インクリボンって知ってる方、いらっしゃいますか???)。
            その頃のは、紙がどこかに残っているはずですが、見つかりません。そのうちひょっこり出てくるかもしれませんが……。

            おつきあい下さると、嬉しいです。

            空知かおり 拝